2Second

2022/4 第2弾開業予定

宮古空港エリアの新しい食のスポットして『新しい村づくり』。

ヴィラージュ(フランス語:Village)とは、村の意味です。
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーは、ボジョレー・ヌーヴォーより地域と生産量を限定したクオリティの高い新酒を指します。

宮古空港から、南に車で約5分ほどの立地にあり、非常に利便性が高いHOTELです。
近年このエリアは、もともとさとうきび畑ですが、ホテルやアパート、大型ショッピングモール建設と、開発ラッシュが続いています。
しかし、まだまだ夜間はレストランもコンビニもとても少ない状況です。
GEOヴィラージュは名前の通りひとつの村です。
11棟のラーメン・カフェ・居酒屋など食事・多様な人の憩いの交流起点として計画が進んでいます。

約160名のGEOヴィラージュ宿泊者だけでなく、空港を利用される方々、宮古島の方々にも
食のニーズを、満足にしていく場所を目指します。
現在、日本国内のクオリティの高い美味しい飲食店の誘致を進めています。
宮古島に出店をご検討されている方は、ぜひご連絡をいただければと思います。

また来たくなる村、滞在時間の長い村をつくる。

将来、日本国内の観光地では、欧州のインバウンドが増加が予測されています。
GEOヴィラージュでは、英語・ドイツ語などの案内表記し、国外の視点から宮古島のポテンシャルを海外に向けて発信を開始します。
また、海外のアーティスト・イン・レジデンスも積極的に進めます。
宮古島の環境保全を考えていくことは、多様な人が集まり対話していく開かれた場所が必要です。
創造的なクリエイティブが育つには、それを支える文化が必要となります。

太陽光発電システムのその後。宮古島の電気インフラに。

このGEOヴィラージュの敷地内には、宮古島地区行政が所有する土地に、太陽光発電システムが1,200kWが2040年まで運営されています。
20年の売電期間終了後は蓄電池とあわせて、大規模自力発電システムとして、宮古島の安定的な電力供給も可能となります。
2040年頃はEV車が主流となり宮古島の立ち寄れる充電スポットとしてフェーズフリーな地域貢献につながります。
またこの村で使う電力は全て賄うことができる、環境資源を無駄にしないコンテナリゾート村になります。
日常も使えて停電等の非常時にも、変わらず電気を使えること。宮古島の未来の地図に残るランドマークになります。

住所 : 沖縄県宮古島市平良字下里2556-1

定額レンタルフィー

台風や宿泊客の少ないオフシーズンなど、売り上げが落ちる時期を気にすることなく年間を通じてホテル運営会社FMKAより、定額のレンタルフィーが支払われます。